一度別れたことが二人の関係をよくした 無駄な経験ではなかったと確信

復縁に成功したわたしの当時の年齢と性別・職業は次の通り。

a3

46歳、女性
会社員


復縁する前のどん底状態はこんな感じだった

21歳の頃のことです。

付き合って3年がたち、二人の関係性が変わっていきました。

束縛なんてする人じゃなかったのに、週末になると家に来いという。

行かないと家まで迎えに来るし、家にいないと電話がかかってくる。

なんでこんなことになっちゃったのかなぁーと毎日思っていました。

距離をおこうとお互いの話し合いで決まったけど涙が止まらなくて、仕事をしても友達と会っても心ここにあらずって感じで、とてもつらかったです。

もう二人の関係が戻ることは、もうないのかもな~と漠然とした不安でいっぱいでした。

私が復縁へと至った方法とは

距離を置くことになって数か月たち心は少しずつ落ち着いてきたのですが、もやもやがはれることはなかったです。

いやなことを忘れるため仕事に打ち込んだり、友達や姉と遊びに行ったりして休日を過ごしました。

友達n愚痴を聞いてもらうことで、彼のいやなとこがたくさん見えてきて、もうこのまま別れて次の恋をした方がいいのかも、とも思うようになりました。

習い事を始めるのもいいかもなーと思い始め、テニススクールに見学にも行きました。

 

復縁へ至ったいまの私は・・・

子供も二人恵まれて、二人とももう社会人になりました。

子育ても手が離れ自分時間もたっぷり持てるようになりました。

夫が毎日せっせと働いてくれるおかげで、ゆったりとした日々をおくれています。

結婚して23年経っているので全然ラブラブではありませんが、お互いのいい距離間が保てているおかげで、夫はバイク、私は刺繡とお互い趣味を満喫しています。

あんなに束縛してうるさかったのに、23年も経つと全然ちがうもんですね(笑)

復縁のどん底から脱出したきっかけはこんなこと

彼と過ごさない休日にも慣れたころ、彼から「逢いたい」と電話がありました。

私は会いたくなかったので出かけて夕方に帰宅したのですが、家に来て帰ってくるまで家の前で待っていて顔を合わせるしかありませんでした。

話をしようというので、あてもなく町中をぶらぶら歩きました。

2時間半ぐらい歩いたと思います。

「悪いところは全部言って。

直すから」と彼は泣きながら言いました。

「男の人が泣くなんて、よっぽどのことなのかもなぁ…」と思ったらまたやり直してみようという気持ちになって復縁しました。

その後妊娠がわかり、結婚しました。

復縁できてなかったら今頃はこんなことに

当時の会社の同僚で私に優しくしてくれる方がいたので、その方に告白されていたら付き合っていたかもしれませんね。

飲み会の帰りにはいつも私だけ駅まで車で送ってくれたし、仕事も一緒にやることが多かったので、彼と復縁していなかったらその人とお付き合いをして、結婚していたのかもなーと今でも思うことはあります。

スキーやスノボーが趣味のアクティブな方だったので、冬は一緒にスノボーとか行ってたのかも(夫はスノボーしないので、今もスノボーは未経験な私です…)

復縁するためにおすすめなのが次のこと

1.友達とご飯しながら愚痴を言いまくる 2.習い事 3.旅行やドライブ
とにかくどっぷり悲しみに浸るのがいいと思います。

泣かないようにしようとか、無理に忘れようとしないことです。

「日にち薬」という言葉もあるように時間が解決してくれたりします。

時間がたてばやりたいことも見えてくるし、心が整理されていきます。

髪型を変えてみたり、習い事を始めてみたり、旅行に行ったりと一人の時間を満喫してほしい。

今まで一緒に過ごしていた時間のありがたみや無駄さや、これからどうするかが一人で過ごすことで見えてくると思います。

ウィルの恋愛・復縁相談

復縁など恋愛の相談に関しては相談相手を見つけることが実は難しいものです。友人や親類などあなたの近いところにいる方々はたいてい自分の立場もあるのでフラットな判断ができません。

友人や親類などに相談するとかえってややこしい結果になりがちです。あなたの気持ちなどをフラットな立場から聞けて、なおかつ今までの数々の経験から判断やアドバイスを伝えることができる方が、ウィルの恋愛・復縁相談です。もちろん、

  • 片思い
  • 不倫
  • 略奪愛

といったことにが得意な先生もおられます。相談しにくい内容であればあるほどお勧めです。

>>『そんなに簡単に悩みが解決するわけがない!』と思っていた私の悩みをあっさり解決したくれた先生がこちら